IOSTについてちょっとだけ解説

IOST概要

 

① 2018年1月に開発された仮想通貨です。

② IOST財団という組織が開発をした通貨でアメリカ、中国、ヨーロッパ、日本などにオフィスを構えています。

③ 日本の取引所ではコインチェックでしか取引が出来ない仮想通貨で、価格もまだ4円台と他の仮想通貨に比べて安く購入が出来ます。

④ しかしその分、価格の変動で資産が大きく動くので利益は出せますが大損もする可能性があります。

⑤ ブロックチェーンを使用したサービスを世の中に広めていく為の中心になる事を目指しているのがIOSTです。

⑥ またIOSTは第三世代の仮想通貨と言われていて、ビットコインを超える処理速度やブロックチェーン技術を持った将来に期待が出来る通貨です。

⑦ 特にIOSTは処理速度が速いのが強みで、1秒間に約2000件も処理が出来ると言われてい

8 また、2020年2月25日にはエアドロップも予定されていて、夏にもまたエアドロップがあります。

IOSTを買うなら

① 日本の取引所ならコインチェック、海外の取引所ならバイナンスがおススメです。

② コインチェックは手数料としてスプレッドというのがあるのですがそれが結構高めですが、日本の取引所なので操作やチャートも初心者でもかなり見やすくなっています。預けていれば年利を最大で5%で増やす事が出来ます。

③ バイナンスは世界でも最大の取引所なので、IOSTの他にも様々なアルトコインを購入することが出来ます。しかし、こちらはスプレッドがなく手数料も0.1%なので、頻繁に取引をしたり出来るだけ安く買いたいという人にはおススメです。

④ ただし、日本円を入金する事は出来ないので一回日本の取引所で仮想通貨を購入してバイナンスへ送金する必要があります。

⑤ また、日本語には対応していますが価格の表示がドルだったりお知らせが英語だったりと初心者には少し敷居が高いようになっているので、不安な方はコインチェックでいいと思います。

⑥ ちなみにバイナンスにビットコインを送金する場合は手数料が0.001%かかるので、ビットコインの価格が500万円だったばあいは送金をするだけで5000円も取られてしまうので注意しましょう。




最新情報をチェックしよう!

仮想通貨の最新記事8件