FEG(FEGtoken)とは

FEGコインが少しずつ価格を上げています

 

① FEGコインとはサングラスをかけたゴリラが特徴的なコインです。

② 誕生からまだ2ヶ月くらいのコインで時価総額は低いですが、調べていくうちに面白いコインだと思ったので書いていきます。

③ 情報がまだほとんどないので、あまり内容には期待しないで下さい。

FEGコインの特徴

 

① FEGの目指しているものは、イーサリアムブロックチェーンとBinanceスマートチェーン(BSC)で動作する分散型トランザクションネットワークを提供することです。

② 誰かが取引をする事に1%トークンが燃え、さらに1%はユーザーに分配されます。分かりやすい例で言うと、最近話題の10setというコインに似ていますね。

③ FEGは分散型のトークンになっており、誰かが最初から多く所持しているという事はありません。

④ ETHチェーンとBSCチェーンに対応しています。その為、ユニスワップとパンケーキスワップで取引をする事が可能です。

⑤ 最大の供給量は100兆でETHとBSCチェーン両方にあり、両方のチェーンで50%バーンされています。

公式がTwitterで意味深な発言を良くする

 

① FEGの公式Twitterは現在3万人のフォロワーがいます。生まれたばかりのコインにしてはそこそこ期待されているようですね。

② Twitter上では公式が毎日発言をしており、時々意味深な発言をしています。

③ 要するに100$分のBNBかEHTを指定したアドレスに送れば、5月7日に何かいいことがあるかも知れないという事です。

④ いまいちどういった風に還元されるのか分かりませんが、余裕のある方はやってみてもいいんじゃないでしょうか。(もしかしたら本当にタダの寄付かも知れないけど)



FEGは安全なのか?

 

① FEGコインに関しては当然スキャムコインという可能性もあります。正直な所、何とも言えない感じですが今の所私はスキャムじゃない可能性を見ています。

② 例えば判断材料の一つとしてこんな面白いものがあります。

③ こちらはTwitterで活動している組織で、簡単に言うと詐欺の可能性がある草コインを調べて、上記の様に教えてくれます。

④ REAUという草コインについて、すべての資金を失う可能性が非常に高いと言っています。

 

⑤ FEGトークンの検証結果は特に問題なしとの事でした。もちろんこれを完全に信じてしまうのも危険ですが、一応詐欺コインの可能性は現時点では低いといっていいのではないでしょうか。

HOtbitに上場

 

 

① 2021年4月21日にHOtbitという海外の取引所に上場し、USDTで取引が出来るようになりました。

② この調子で他の取引所でも扱われるようになれば、価格の上昇も期待できるでしょう。

まとめ

 

① 正直、まだ分からない事の方が多いコインですが頑張って書いてみました。

② 最初にこのコインを知った時は胡散臭さが一杯でしたが何だか色々とプロジェクトは進んでるようで、もしかしたらまともなコインかも知れないと最近は思ってきました(笑)

③ ただし、まだ絶対にスキャムではないと言えるわけではないので購入をする際は少額で投資をするのがいいでしょう。もちろん、リスク覚悟で爆益を狙いたい人は勝負をかけて見るのも面白いかも知れないです。

④ 最近爆上がりしたAKITAコインなんて100万円投資していれば億り人になれていましたからね。まだ注目されていないコインはそれだけチャンスがあるという事です。

⑤ 運営のTwitterによると5月7日に何かが起こると臭わせているので、購入するなら早めがいいでしょう。




最新情報をチェックしよう!

仮想通貨の最新記事8件