面接に落ちたと感じる瞬間5選

・面接を受けた時に「あっ…これ落ちたなって」思う瞬間ありますよね?

面接で落ちたと感じる瞬間

面接時間が短い

① 自己紹介の後に少しの質問だけで面接が終わり! そんな場合はもう絶望的な展開ですよね。

② 人事の人は、面接の進め方マニュアルを参考にして進めていくわけですけど、採用しない場合は最低限の質問だけしてそれっぽく進めていくようです。

③ 個人経営の会社とかだと、雑談だけで受かってしまうケースもあるようですけど、それだと会社と求職者の相性が分からないですし、実際に入ってみて違うと感じる事があるので、あまりおススメは出来ないです!

アピールしたい事はあるか聞かれる

① こういう質問をされるって事は、現時点ではあなたが会社の求める人材ではないという事です。

② この時点で採用担当は不採用を決めている場合が多いですが、どうしても入りたい会社の場合は最後まで頑張ってみるのもいいかも知れません。

やけに愛想がいい

① 話が盛り上がっていい雰囲気! でも、合格になるとは限らないのが面接の面白い所です。

② もし不採用をするつもりでも、求職者に変な態度を取ると会社のイメージが悪くなるので、まともな会社なら最後まで愛想よく面接を進めていきます。

③ 逆に言えばこういう所がしっかりしていない会社は、ろくでもない会社かも知れないです。

言った事を否定される

① 「入社したらこんな事をしてみたい!」などのやる気がある発言を、「いやぁ…うちの会社じゃ難しいと思うよ?」と言われてしまったらちょっと厳しいかも知れません。

② どうせ働くならやる気を尊重してくれる会社のほうがいいですよね!

いつごろ入社出来るかを聞かれない

① もし雇うとなると、求職者がいつから働けるのかは聞いておかなければいけませんよね。

② 採用が決まってから改めて聞かれるケースもあるので一概には言えないですけど、逆に入社日を聞かれた場合は採用の確立が高いかもしれません。

 

面接で落とされやすい人の特徴5選

・面接で落ちやすい人にもどうやら共通点があるようです。

元気がない

① 面接で元気を出せない人は、残念ながらお話になりません。

② 元気がない=健康的に見えないので、面接官の印象はわるくなりやすいのです。

③ 受け答えの時も自信を持ってハキハキと喋ることで、自信があるように見えてきます。

④ 元気でハキハキとした受け答えは答えの内容が不十分な内容でも、それを補うだけの武器になります。

履歴書に書いてある内容と違うことをしゃべる

① 面接官は履歴書の内容を確認しながら面接を進めていきます。

② その中で履歴書に書いた内容と全く違うことを話してしまってはダメですよね(>_<)

③ 面接では履歴書に書いた内容を補足して伝えると、面接官からの印象も良くなります。

会社が求めているスキルを持っていない

① 経験者を募集している求人に未経験者が応募をしても、受かる確率はほぼ0です。

② そういう場合は即戦力の人材が期待されているので、未経験を一から育てて使うようなことはしないでしょう。

会社について調べていない

① 面接の場で必ず聞かれる志望動機では、何故この会社で働きたいかを答えることが大切になってきます。

② 会社がどんな事業を営んでいるか、社長の名前、経営理念などを聞かれた場合はあなたがどれだけ関心を持っているかが見られているので、絶対に答えれられるように準備しておきたいですね。

礼儀がなっていない

① 面接の場でタメ口で話す人はおそらくいないと思いますが、世間話などで盛り上がった時は、砕けた口調になってしまいがちなので注意しましょう。

 

最新情報をチェックしよう!

就職・転職の最新記事8件