格安SIMの良い所・悪い所

最近話題の格安SIM

① なんなのか良く分からないけど最近、格安SIMの名前を良く聞きますよね。

② 良く言われているのが、料金は安くなるけど通信速度が遅いとか、電波の質が悪いとかなどの意見がありますが、実際の所どうなのか気になりますよね?

③ 今回は格安SIMのメリット・デメリットを5個ずつ書いていきたいと思います。

格安SIMのメリット

① 月額料金が安くなる

① 大手携帯会社の携帯料金が高いのは、回線の設備費用、維持費、従業員のコストなどが掛かっている為、その分高い料金設定になっています

② 格安SIMを販売している会社は、実は大手携帯会社の回線を借りているので設備に関する費用を節約でき、お客様に還元出来ます。

② 実店舗をもっておらず、WEB上で受付をしている会社は人件費も削減でき、さらに料金は低く出来ます。

② 大手よりお得なキャッシュバックがある

① 安SIMを販売している事業者のことをMVNOと言いますが、大手では出来ない魅力的なキャッシュバックやプランを作っています。

② 例えば、楽天モバイルでは1年間プラン料金をタダに出来たり、UQモバイルなら契約解除料がなかったり、自分に合った魅力的なプランを選ぶことが出来ます。

③ サイトを見て良く分からない場合は、お問い合わせ窓口があるので電話をしてみましょう。

格安SIMのデメリット

自分で設定が必要

① 携帯とセットで購入した場合は問題ないのですが、SIMカード単体で購入した場合は自分で設定をする必要があります。

② 設定の方法はきちんとしたマニュアルがセットでありますが、こういった設定が苦手な人は端末とセットで購入した方がいいかも知れません。

大手キャリアのメールアドレスが使えなくなる

① 【softbank】【au】【docomo】のメールアドレスは当然使えなくなります。

② しかし、Gメールなどのフリーメールは使用出来るので、メールが使えないという訳ではありません。

③ メールアドレスにこだわりがなければ、特にデメリットにはならないでしょう。

SIMの相性が分かりにくい

① 格安SIMならどの携帯端末にでも合うという訳ではなく、端末によっては回線が指定されているSIMが必要になる場合があるので、間違えたSIMだと無駄な出費になってしまいます。

② 分からない場合は、【動作確認済端末一覧】で検索をかければ調べる事が出来るので利用しましょう。

時間帯によって通信速度が違う

① 大手携帯会社の回線の一部を使用しているので、人がよく利用する時間帯はどうしても通信速度が下がってきます。

② 平日の昼間や午前中は気にならないレベルですが、夜や土日祝だと利用頻度が多いので通信が不安定になってしまいます。

LINEのID検索が出来ない

① LINEのID検索を利用するには年齢確認が必要です。年齢の確認には大手キャリアのマイページで確認を取るので、確認を取る事が出来ません。

② 解決方法としては、LINEがやっている格安SIMを契約するか、PC版でID検索をする事が出来ます。

 

yui
あまりスマホを使用しない人は、格安SIMがおススメかもしれないですね

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!

生活に役立つ事の最新記事8件