子供を勉強好きにさせるには

子供は成長期のうちに勉強するべし

・人間が一番成長するのは成長期である子供時代です。

・子供の運動能力や勉学能力は中学生までに決まると言われおり、ここまでに何をして来たかによって将来が大きく変わってきます。

・幼少期に大切な事とは、子供が自分の力で考える力を持たせる事です。何が良くて何が悪かったのかを自分で考えさせる事が大切です。

子供が興味を持ったことには挑戦させてあげる

・親がやらせるのではなく、子供が自分で興味を持った事には積極的にやらせてあげましょう。

・子供が自分から何かに挑戦したいという気持ちは、どんなにお金を積んだとしても持たせることが難しい事です。たとえ長続きしなかったとしてもその気持ちは尊重してあげましょう。

・子供が疑問に思った事にはちゃんと答えてあげましょう。子供の好奇心旺盛な気持ちは将来的に自発力に繋がってきます。子供が成長する大事な瞬間なので、見逃さないようにしましょう。

・あまり否定ばかりしていると、子供の積極性が失われます

本を読むと子供は成長する

・小さいお子さんに本を読み聞かせる家庭は多いと思いますが、小さい頃に本の読み聞かせを行っていた子供の方が語彙力が高いという結果が出ています。

・勉強が出来る子供の家には必然的に本が多くあり、本をよく読む環境が出来上がっている傾向があります。

・子供用の絵本などを沢山読み聞かせしてあげましょう、

しかし子供は中々勉強しない

・最近ではスマートフォンやYouTubeなどの娯楽が発達してきたので、子供の勉強時間が昔に比べて少なくなってきています。

・小学生の子供がスマートフォンを持つことも今や珍しいことではなく、アプリやゲームなどによって勉強がおろそかになってきています。

・昔に比べると、子供の勉強時間は少なくなってきているのです。

塾に通わせてみてはどうか?

・子供の学力を上げる方法として、塾に通わせるのは鉄板ですね。

・塾には集団塾や個別指導塾がありますが、どちらも月額約20000円程の料金がかかってきます。

・集団塾とは、学校と同じように教室に集まった生徒みんなで一斉に授業を受けるやり方です。

・個別指導塾は、その名の通りマンツーマンで指導してもらえるので生徒の学力に応じた指導を受ける事が出来ます。

・塾に通えば学校での勉強を補う事や、強制的に勉強をさせる事は出来ますが結局は子供のやる気がないと頭には入ってこないでしょう。



じゃあどうすればいいのか?

・子供に勉強癖をつけさせるには、本格的に勉強が始まる小学校入学前にある程度勉強に触れさせておくことが大切です。

・小さい頃から勉強させるなんてかわいそう! と思う人も当然いるとは思いますが、小学校で良い成績をとっていくには小さい頃からの土台作りが大切になってきます。

子供が好きなもの

子供は漫画やゲームが大好きです。英単語は覚えられないのに、ポケ〇ンも名前はすぐに覚えてしまいます。

・何故覚えられるのかというと、ゲームを楽しんでやっているからたとえ無意識の内でも頭に入ってくるのです。

・勉強も子供が楽しいと感じれば、記憶にも残りやすいのです。



子供が楽しみながらやれる教材が必要

・子供と楽しみながら勉強できる、ポピーという教材があります。

・ポピーの教材には、余計な付録を付けず子供の成長に必要な教材だけを送ってくれるので、料金も他の会社と比べて安くなっています。

 

 

・教材も子供が楽しく学び勉強が好きになるような教材になっています。

 

・数ある教材の中でも、幼児ポピーは子供の【脳力】を総合的に伸ばす教材になっていて

・小さい頃から「考える力」「生きる力」を育てる事が出来ます。

・無料のお試し見本も申し込むことが出来るので、興味を持っていただいた方は下記のバナーから申し込むことが出来ます。



最新情報をチェックしよう!

生活の最新記事8件