仮想通貨XRP(リップル)について知っておきたい5個の事

① リップルは過去に400円を越えた通貨

 

① リップルは2018年に400円めで上昇した仮想通貨ですがSECの訴訟問題などの影響で今は50円付近をうろついています。

② 訴訟問題が解決すればまた価格の上昇が見込めますが、もし敗訴になればゴミになってしまう可能性もあります。

② 送金が早い

 

① リップルはRTXPという独特のシステムを利用しており送金時間は4秒以下というかなり早い時間で処理が出来ます。

② ビットコインの送金時間が10分くらいなので、リップルの方が優れていることが分かります。

③ 発行枚数は1000億枚

 

① リップルは1000億枚が発行されていますが、今後に新規で発行がされる事はないと言われています。

② しかも送金システムで利用されるたびに少しずつ減っていく仕組みになっていて、現在多くのリップルを保有しているリップル社が必要になれば市場に流し価格を維持するといった役割があります。

 

④ RTXP「リップルトランザクションプロトコル」

 

① リップルの誕生経緯はこのRTXPという送金システムで使用する為の硬貨として生まれました。

② RTXPは簡単に言うと、異なる通貨や決済手段でも同様の価値で安全な取引が出来るようにするシステムと送金の際に分散型の台帳に記載する

 

⑤ SECから訴訟を起こされている

 

① 米証券取引委員会(SEO)gあリップル社に対して証券法違反として提訴をしている状態が未だに続いている。

② SEOの主張によると、2021年から有価証券登録されていないリップルを販売し1300億円を越える資金を調達したのが問題らしいです。

③ リップルとSEOの和解の可能性があるが、7月2日には証拠開示手続きがあるのでこれの結果次第ではリップルの価値は決まりそうです。

最新情報をチェックしよう!