マルチ商法に勧誘されそうになった話(実話)

マルチ商法とはなんぞ?

・マルチ商法と聞くと、いいイメージを持っている人はほとんどいないと思います。

・マルチ商法とは、連鎖販売取引といって、会員であるものが新規で人を勧誘する。そしてその新規の人がまた新しい人を勧誘する事で階層組織を形成します。

・例えばあなたが勧誘した人が商品を売ると、あなたにも報酬が入ります。こうやって組織的にやっていく事で、トップ層の人は不労所得を生むことが出来ますが、潤っているのはごく一部の人だけで末端の会員はノルマに追われて大変だそうです。

出会ってしまったきっかけ

 

・どういった経緯でそういう人と出会ってしまうのか気になるよね?( ̄д ̄;)

・私がその人と出会ったのはSNSのアプリだね。何回かやり取りして仲良くなった子で、今度一緒にご飯行こうって話になって会うことにしたんだ!ヽ(・∀・)

・待ち合わせで現れたその子は凄く大人しそうな感じで、ちょっと人見知りっぽい感じだったね!( ´∀`)初対面の印象としては、割と良かったねd( ̄  ̄)

・カフェでちょっと遅めのお昼ご飯を一緒したんだけど、話の内容は結構普通だったね。旅行の話とか、地元の話とか、たわいない内容でマルチに関する話は一切なかったよー(^_^)

・で、そんな中お互い料理が好きって話になって、今度一緒に作ろうって話になったの。私も趣味が同じで嬉しかったから、もちろんOKしたの!

・ここまでは良かった…良かったんだけど、だんだんとマルチの片鱗が少しずつ見え始めてきたの。当時は気付かなかったけど、今思えばそうだったんだなーって思う。

チェック1  自宅やとあるお店でみんなでよく集まる

・私は近くにみんなが集まれる場所を借りてるから、そこで料理作ろうよ!って言われました。

・なんでも、みんなでお金を出し合って集まれる場所をレンタルしてるとの事…( ̄^ ̄)ン?

・友達がいっぱいいて仲良いんだな…とか当時は思ってましたが、冷静に考えたらマルチの集まりって事が想像出来るよねヽ( ̄д ̄;)ノ、いきなり集団の集まりに参加させようとする人は、少し警戒しましょうね

さて、当日

・ここまで何の疑問も持たなかった私はその子と一緒に当日その場所に向かいました。

・そこに行くと、小規模な部屋に15人〜20人くらいの人が集まってたの。初対面にも関わらず、みんなフレンドリーで、いい人達だなと思った。で、当初の予定通り料理を作ったんだけど、その調理方法が結構独特だったの。

・なんでも、アムウェイの無水鍋っていうのを使うと、鍋に食材を入れるだけで誰でも簡単に料理が作れるって言う事だったの。

・この時はまだ、どこの鍋だとか聞かなかったからへぇー最近はこんな便利な鍋があるんだなと思っただけだったの。

・あ、料理は少し薄かったけど普通に美味しかったよ。

チェック2 唐突に始まる謎の実験

・マヨネーズを使った料理があって、そこで健康の話になったのね。なんか自分たちは市販のマヨネーズじゃなくって別のマヨネーズを使ってるとかなんとか。後で調べたら、アムウェイのマヨネーズでした。

・その市販のマヨネーズとアムウェイのマヨネーズを水に浮かべる実験を見せられました。そしたらアムウェイのマヨネーズは水に溶けるのに対して、市販のマヨネーズは形を保ったまま水に浮かぶ結果になったの。(アムウェイのマヨネーズはそもそもマヨネーズタイプというものなので、市販のマヨネーズとは作りが違うのでこの実験はあまり意味がない)

・つまり、この人達が言いたいのは、水に溶けないマヨネーズは身体に悪いって事を伝える為にこの実験をしたのね。

・ちなみに、なんでアムウェイのマヨネーズを使っているのに市販のがあるんですか?って聞いてみたらちょって困ってたよ。この日はこれで解散。特に何かを勧められる訳でも無く料理を楽しみました。

・で、また料理を作る約束をしたのですが、その日にマルチだという事を確信しました。

チェック3 カタログを出して来たらほぼマルチ確定

・次の日も、無水鍋を使って料理をして食事をしたんだけど、その子がいきなり何かのカタログみたいなものを取り出しました。

・そしてアムウェイの無水鍋の魅力を語られました。この時点で鈍い私でも気づいちゃったね…この子は私と仲良くなりたいんじゃなくて、ただ物を買って欲しいだけなのだと。

・アムウェイの無水鍋は約15万円ぐらいします。

・もちろん怖かったのでその場では何も言わずに聞いていたけど、その日の夜に「ごめんなさい、もう会えません」と一言Lineに残して、これ以上は関わらないようにしました。

最後に

・今回の私のケースでは、鍋を勧誘だけでしたがあのまま交友を続けていると、いずれは会員に勧誘されていたと思います。一番よくあるのは、儲かる商売があるから一緒にやろう!などといったケースが多いようです。

・こういった人たちは、人の孤独感や弱みに付け込んできて徐々に洗脳をかけてきます。飲み込まれてしまったら、大切な親友や家族を失ってしまう結果になるので、それが嫌な人は関わらないようにするのが一番です。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!

生活の最新記事8件