フリーターのデメリットとは

フリーターのデメリット

・日本の場合フリーターとは、正社員以外の就労形態以外の方法で生計を立てている人の事をいいます。

・アルバイトや派遣社員は有名ですが、契約社員もフリーターという形態に入るようです。

・フリーターという働き方は世間的にみると、あまり好ましく思われていません。

・フリーターであることのデメリットをまとめてみました。

  • 収入の面で不安定
  • 結婚が難しい
  • 転職に不利
  • ローンが組みにくい
  • ボーナスなし



収入の面で不安定

・フリーターでの働き方はアルバイトや契約社員が主になりますが、この雇用形態は収入の面では不安定と言えます。

・正社員なら絶対解雇されないとは言いませんが、正社員は基本的に解雇される確率が一番低い働き方です。

・アルバイトは若いうちは働くことが出来ますが、年齢を重ねていくと解雇される可能性が高くなってきますし、新たに探そうとしても雇ってもらえない場合が多いです。

・契約社員の場合も、契約期間が終わったら更新されない場合があるので不安定な雇用形態と言えます。

 

yui
学生メインのアルバイト先だと、若者とのコミュニケーションも必要になってきます


結婚が難しい

・人生のゴール地点として、異性との結婚があります。

・フリーターの状態でも結婚自体は出来るかもしれませんが、その後の生活はかなり厳しい状況になるでしょう。

・共働きで生活をするという方法もありますが、子供が生まれた場合は女性が家庭に入るため男性の稼ぎが重要になってきます。

・つまり、男性一人の収入で家庭を回していく必要があるわけです。あとは、女性の両親への挨拶が最大の壁になりそうですが…

 

yui
女性目線でも安定してる男性の方が魅力的だよ



転職に不利

・フリーターという働き方が増えてきた現代ですが日本ではまだ、社会人は正社員以外あまり良い見方をされないのが現実です。

・面接の場でも「なぜ正社員の仕事を選ばなかったのですか?」といった風にマイナスのイメージで見られる場合が多いです。

・そうなった場合は、フリーター生活の中で身に着けたスキルや学んだ事などを堂々とアピールしていきましょう。

・不利ではありますが、やり方によっては挽回も全然可能です。実際に私はちゃんと就職出来ました。

 

yui
大事なのはフリーター生活で何をしたかだよ!



ローンが組みにくい

・ローンが組めない人の特徴は

  • 収入が不安定
  • 社会的信用が低い
  • 借入れが多い

 

・借入が多い以外は残念ながらフリーターに当てはまってしまうため、ローンが通りにくいという問題があります。

・審査の際に必ずと言っていいほど収入、雇用形態は確認されます。

・お金を貸す側というのは、当然貸したお金を回収しなければなりません。将来的に職が無くなりそうな人や、勤続年数が低い人は回収を出来なくなるデメリットがあるので、審査を通過させない場合があります。

・住宅や車などの高額なローンはかなり厳しくなるでしょう。

ボーナスがない

・ボーナスとは主に夏と冬に貰えるお金の事です。これを貰った時は、正社員でよかったと思う瞬間ですよね。

・アルバイトは何年働いても、ボーナスはありません。会社によってはミニボーナスというのもあるようですが、何十万貰える正社員と違って、お小遣いレベルです。

・ボーナスは年収や貯金を増やしていく為に必要なお金なので、年収や貯金を増やしたい方はボーナスが高い会社に就職する事が大切です。



フリーターからの転職には

・フリーターの転職には、転職エージェントを使った方がいい…何てことは言いません。ハローワークや求人誌など、自分に合ったやり方で探していきましょう。

・人間は楽をしたがる生き物です。文明がここまで発達してきたのも、便利な生活を求めた結果になります。

・フリーターは気楽な分、抜け出すのが中々難しいです。現状を変えたいならとにかく行動を起こすことが大切です。

yui
現状を変えるなら、すぐに行動するべし!



最新情報をチェックしよう!

就職・転職の最新記事8件