パン職人はどんな仕事なのか?

パンのスペシャリスト

① 朝食からおやつまで、みんな大好きなパンを作る仕事は、個人のパン屋さんからホテルなど幅広く活躍の場所があります。

② パンが好きな人はもちろん、料理を作ったりするのが好きな人は向いているでしょう。

③ パン技能士という国家資格も存在し、資格を持っている人だけがパン技能士を名乗る事が出来ます。

パン作りの仕事に就く方法

① 大きく分けて、パンに特化した専門学校に通うか、お店で1から働くことが現実的です。

② 専門学校を出てからパンの仕事に就いた方が早く技術を身に着けられますが正直な所、学校を卒業していなくても普通に就職はする事が可能です。

③ パンの仕事は体力的にかなり過酷な世界なので、もし挫折してしまった時は大学を卒業しておいた方が、あとあと自分の為になります。

④ 全然違う道にはなりますが、食に関わる仕事をしたいなら大学では栄養学関係に進んでおくと、栄養士の道もあるので職には困らないでしょう。

⑤ まとめると、早く技術を身に着けたい人は専門学校に入るかすぐに就職するか。そうでない人は大学を卒業してから就職してください。

 

仕事内容

① パン専門店の場合、パンの売り時は朝から夕方の時間帯です。夜ご飯にパンを食べる人はあまりいませんよね。

② 朝は前日に仕込みをした生地を焼き、店頭に並べます。朝食にパンを購入する人が多い時間帯なので、この時間はかなり忙しいです。学生や会社員の出勤時間に間に合わせる必要があるので、朝5時出勤などは覚悟しておきましょう。

③ お昼、夕方の時間帯を終えると閉店作業が始まります。翌日の仕込みをして、明日に備えます。

給料

① 厚生労働省発表が発表した平成28年賃金構造基本統計調査によると、平均年収が約320万だそうです。

② この数字は、自営業や雇われの人のデーターが混ざっているので全員がこの金額貰えるとは言えません。

③ パン屋での就職になると、個人経営のお店が多いので福利厚生や給料が低い場合があります。売り上げが良くない店では、15万~18万くらいが相場になるかも知れません。

④ しかし、パンのスキルや経営スキルを吸収して独立が出来れば自分のお店を持つことが出来ますし、収入も今よりアップするかも知れません。

 

やりがい

① パン屋さんにはそれぞれのお店によって独特のパンが置いてある事があります。オリジナルメニューの開発に携われるのも、やりがいを感じる瞬間かも知れませんね。

② パン好きであればもちろん仕事に対する情熱に繋がりますし、独立やパン教室の先生を目指すといった楽しみもあります。

③ 近年ではSNSが発達しているので、そこからも評価される時代です。

 

 







最新情報をチェックしよう!

職業解説の最新記事8件