ゆっくり茶番劇、商標登録騒動

  • 2022年10月13日
  • 2022年10月13日
  • 2022年

ゆっくり茶番劇

youtubeやニコニコを利用している人なら一度は見たことがあるんじゃないでしょうか?

東宝プロジェクトの霊夢と魔理沙という可愛いキャラクターが登場する動画で、ゲーム実況や解説動画などで多く見られます。基本的にはこの二人がメインですが、その他のキャラクターが登場する動画も多くあります。

ゆっくり動画の良い所は誰でも無料で利用が出来る所で、ゆっくりムービーメーカーという動画編集ソフトもなんと無料でダウンロードする事が出来ます。

突然の商標登録

2022年の5月15日、ゆっくり動画投稿者の柚葉という人がTwitterで【ゆっくり茶番劇】を商標登録したという内容をツイートしました。

内容としては、今後ゆっくり動画を投稿する人はライセンス料を払ってくださいという文面です。

柚葉氏はそもそもゆっくり文化の製作者ではなく、動画投稿者の一人という立ち位置なので、今回の商標登録を行うというのはおかしな話になります。

なので当然、批判の声が多く上がり商標登録の異議を申し立てる声が上がりましたが、柚葉氏は異議申し立て期間が終わった状態で告知を行ったため、すでにゆっくりの商標は柚葉氏の物になってしまっていました。

関係者ついに動く

ゆっくり実況はもう終わりかと思ったその時、騒動を聞きつけた関係者がついに動き出します。

東方project原作者でもあるZUN氏、ドワンゴの栗田氏という最強の布陣が動いたことで流れが多きく変わっています。

ここから柚葉氏に対する抗議の動きはさらに大きくなり、柚葉氏が所属していた事務所Coyu.Liveまで巻き込んだ騒動にまで発展してきます。

そして5月24日、柚葉氏が5月23日付で当該商標の抹消登録申請をした事を発表しました。

 

ゆっくり騒動のまとめ

  • 2021/9/13 ゆっくり茶番劇の商標が出願される
  • 2022/2/24 商標登録が承認される
  • 2022/5/15 柚葉氏が世間に公表、年間10万円の使用料を要求
  • 2022/5/16  炎上により僅か一日で、ライセンス使用料を不要にすると発表
  • 2022/5/24  柚葉氏が5/23で商標登録を放棄したと発表

 

ゆっくり動画が守られて本当に良かったと思います!
最新情報をチェックしよう!

2022年の最新記事8件